歴民グループからの活動報告


-春の体験教室-古着Tシャツで作る布ぞうり教室

  

しろあと公園内の桜が満開の3月29日(木)、歴史民俗資料館にて開催しました。定員40名のところ100名を超える応募があり、残念ながら参加いただけなかった方々には大変申し訳なく思っております。

 

このぞうりは使わなくなったTシャツを編んだECOな作品です。約5センチ幅のTシャツを手前から少しずつ足の指先に編み進めていきます。不慣れな姿勢なので肩や腰、膝も痛いかもしれません。

でも、完成品はとても華やかで、どれ一つとして同じ作品はなく、参加者の皆さんにはとても喜んでいただけました。体の痛みも吹っ飛んだのではないでしょうか。

末永く大事に履き続けていただけたらと願っています。

掲載日H30/4/8


郷土玩具グループからの活動報告


   「春休みおもちゃ作り教室」~からくり玩具を作ってみよう~

 

 3月25日(日)・27日(火)の両日にしろあと歴史館・今城古代歴史館にて開催。

 参加者は26名と27名でした。

 

 今回製作したのは、「廻りねずみ」素朴な玩具で、握り棒についた横木を動かすと、

たこ糸に連結しているねずみ・かざ車がくるくると回転します。

 参加したこども達は、「ねずみ」の代わりに「犬・ピカチュウ・うさぎ・飛行機…」と

思い思いの物を作って楽しんでくれました。

付き添いのお父さん・お母さんも一緒になって製作。

作る作業も完成品で遊ぶことも、今回は簡単なものでしたがそれでも心躍ります。

「廻った!廻った!」と喜ぶ声にサポートのスタッフも安堵。

 

 江戸時代の人びとの創意や工夫・人間的な優しさや思いやりを感じることができるからくり玩具

次回も皆様とご一緒に製作し、遊ぶことができることをスタッフ一同楽しみにしております。

 

                                                                       掲載日H30/4/1

 


作業風景・出来上がった作品