伝統文化グループからの活動報告


ー「お正月の遊び」ー

 

 令和2年1月12日 13:00~15:00 高槻市立歴史民俗博物館で開催しました。当日は雨の予報でしたが、参加者の思いが強ったのか何とか曇りで大丈夫でした。参加人数は市民の方(大人と子供を合わせて)が91名、スタッフが16名で107名がワイワイがやがやと楽しい2時間を過ごして頂きました。

 「お正月の遊び」は百人一首、カルタ取りや、スタッフが苦労して製作した福笑い、双六の4つの遊びに分かれて、それぞれを満喫されたと思います。

 ご参加された皆様ありがとうございました。

 

掲載日2020/1/20


歴民グループからの活動報告


ー夏の体験教室ー昔の遊びを体験しよう

 

 8月6・7・8日、歴史民俗資料館で開催しました。

  今年も連日の猛暑、参加者数を心配しましたが3日間で55名の方に参加いただきました。

  昔遊びの内容は、けん玉・おはじき・お手玉・あやとり・五目並べ。懐かしいと言ってお手玉を上手に扱う大人の方、新しい遊びの道具に興味津々の子どもたち。

でも、けん玉の先生は子どもです。やっぱり!

 

 皆さんに楽しい時間を過ごしていただけたのならとても嬉しいです。

 参加いただいた皆さま、ありがとうございます。

 

掲載日2019/8/31


郷土玩具グループからの活動報告


~夏休みおもちゃ教室~「万華鏡作り」

                                                                             8月10日(土)しろあと歴史館にて開催。

事前募集の結果、77名の方が応募され抽選となりました。

当日は、午前:30名、午後:30名での制作。                   付き添いを含めると参加者数は93名と賑やかな制作風景となりました。

 作業は、白板を活用して段階を踏んで作り方を説明し全員の歩調が揃うよう進めました。

 

「完成!」出来上がった万華鏡を回し「綺麗!」と感嘆の声。

サポートの私達は安堵!

 笑顔の内に、無事終了することが出来ました。

 

 参加の皆様、ありがとうございました。

 

 

掲載日2019/08/28


考古グループからの活動報告


考古グループで春の館外ガイドを実施しました

 

④太田茶臼山コース(担当:考古グループ1班)

6月22日(土) 22名参加

 

 集合:阪急富田駅9:00 出発9:10

 コース:阪急富田駅→鴨神社→女九神社→大田茶白山古墳・陪家・安威断層

 →ニ子山古墳→土室遺跡→番山古墳→郡家車塚古墳→前塚古墳→今城塚古墳

 →今城塚古代歴史館(12:30着)

 

 一般参加者22名(男16名、女6名)、市内17名、市外5名(京都1、神戸1、寝屋川2、茨木1)平均年齢:67歳、最高齢86歳、最若年12歳

 

 ガイド2名、サポート6名で2班に分けて案内しました。

 

 阪急富田駅を出るとまず「五社水路」を説明。

アンケートに、「あんな平凡な溝にこんな由緒があったなんて」と驚かれていました。

本日のコースでは「五社水路」を何度も横切っていたので、印象に残ったと思われます。

 

 印象に残った史跡は太田茶臼山古墳15名、鴨神社9名五社水路6名でした。

 

 今城塚古墳は倒木のため墳丘には入れなかったので、ハニワ祭配列をゆっくり説明しました。

 

 コースは日影が少なく、約8キロ、3時間の歩行はきつかったと思われますが、アンケートではコース・ガイド共に「よかった」の評価をいただきました。(平野記)

 


考古グループからの活動報告



考古グループからの活動報告


 

考古グループで春の館外ガイドを実施しました

 

 ③阿武山コース (担当:考古グループ3班)

 

  6月8日(土) 33名参加

 

 

 前日の雨の心配をよそに、雨も上がり曇り空ではありましたが、澄んだ空気の中散策が出来ました。

しかも小学生(2名)から80代までの老若男女、全員で33名と大勢の参加がありました。

 

 やはり藤原鎌足の墓とされる阿武山古墳は人気なのでしょうか。発見当初から現在までの数奇な運命が皆さんを引き付けるのでしょうか。

 

 塚原古墳群では、M3号墳で石室の内部の観察やゴルフ練習場内のA群古墳群に関心が集まりました。

参加者の皆様には喜んでいただいたと思っています。

また、熱心に説明を聞いていただき、感謝致します。(辰巳 記

 


 

考古グループで春の館外ガイドを実施しました

 

 ②新池ハニワ工場公園コース (担当:考古グループ2班)

 

  5月25日(土) 32名参加

 

 【コース】JR摂津富田駅(集合9:00)~新池ハニワ工場公園~番山古墳~闘鶏山古墳~   

 

     郡家車塚古墳~前塚古墳~今城塚古墳~今城塚古代歴史館(解散12:20

  

 今回のコースは、昨年大阪北部地震(6/18)により中止となったコースであり、参加者

の中には昨年行けず今回参加いただいた方が3名おられ、大変感激しました。また遠方の堺及び京都から各1人、茨木からも2人来ていただきました。

      天候は「5月度最高温度34°C」という真夏日となり、適宜休憩&水分補給は勿論のこと、9ヵ所のガイド箇所も木陰、軒下を選び、説明パネルも活用しガイドさせていただきました。お陰様で全員が今城古代歴史館に早めに無事帰着することが出来ました。

 アンケートでは、猛暑に拘わらず、総括的には参加者全員が「良かった」との記載でした。有り難うございました。                     (高田 記

 

①新池ハニワ工場公園にて記念写真

②闘鶏山古墳の闘鶏神社庇にて

③前塚古墳にて

④今城塚古墳の木陰にて



考古グループからの活動報告


「はにコットで古墳ガイドしました」

 平成30年11月18日実施

 

 考古グループは今城塚古墳公園で実施の、「はにコット」(古代とアートの複合イベント)に参加しました。今年で3回目の参加となります。

 

 埴輪祭祀場の登り口にガイド参加ブースを設営し、来場者に考古グループのメンバーで古墳内のガイドを225名に実施しました。

 

 年々来場者も増えており、今年は約3万5千人の来場者だったようです。

 古墳ガイドは非常に好評で、来年も継続し今城塚古墳を市民の皆様に紹介していきたいと考えています。(松尾)

掲載日:2018/11/30


郷土玩具グループからの活動報告


―夏休み体験教室―「からくりおもちゃ作り体験」

 8/5しろあと歴史館・8/7今城塚古代史館にて開催。

両日合わせて、54名の子どもたちそして付き添いの方を入れて82名の参加がありました。

 

 今回のからくり玩具は、管(くだ)人形「弁慶」を制作。

竹菅で作った両腕に通った糸が、手元の横木につながり横木を動かすと「弁慶」が薙刀(なぎなた)をふるうという糸仕掛けの玩具。細かな作業もあり時間いっぱいの制作となりました。

 

 

変幻自在に薙刀を操る


 江戸の子どもたちが遊んだ「弁慶人形」を平成の子どもたちが作って遊ぶ、なんだかすごい。

作る作業も完成品で遊ぶことも本当に愉しい心躍る時が持てました。

掲載日:2018/9/22

               管人形制作風景                             

                


考古グループからの活動報告


-館外ガイド- 

③真上・嶋上郡衙郡衙コース

考古グループ恒例の館外ガイド③を6/9に実施しました。

結果(アンケート集計)報告をいたします。

掲載日:2018/7/30


考古グループからの活動報告


-館外ガイド- 

②太田茶臼山コース

考古グループ恒例の館外ガイド②を5/26に実施しました。

活動報告をいたします。

掲載日:2018/6/3

 

 526日(土)晴れ  阪急富田駅に9時集合、参加者32名、910分スタートしました。

 最初は1グループでスタートしましたが、説明が聞こえにくいので、2グループに分けて散策しました。

 コース:富田駅→鴨神社→女九神社→太田公民館小休止→太田茶臼山古墳・陪塚・安威断層→

     二子山古墳→土室遺跡→番山古墳→前塚古墳→今城塚古墳→今城塚古代歴史館

             (12時半無事到着)約10km

 

 途中の「五社水路」の所では、この水路が5世紀前半に開削されたものであり、昔は摂津の国の嶋上郡と嶋下郡の境界であり、今は高槻市と茨木市の境界であることを説明しました。

 

 アンケートを回収後、解散しました。

  参加者32名の内訳は市内27名、市外5名(京都,草津,大津,枚方,吹田、各1名)。

  アンケートは30名から回収、印象に残った遺跡の回答(複数回答)は以下の通りです。

  太田茶臼山古墳・陪塚18名、五社水路15名、今城塚古墳8名、鴨神社7名、女九神社7名

 

   以上、活動報告と致します。

   ご参加いただいた市民の皆様、ありがとうございました。

 


考古グループからの活動報告


-館外ガイド- 

①阿武山コース  

考古グループ恒例の館外ガイド①を5/12に実施しました。

結果(アンケート集計)報告をいたします。

掲載日:2018/5/30


歴史探訪グループからの活動報告


春の上宮天満宮清掃

春秋恒例の上宮天満宮の竹藪清掃が、やや汗ばむ4月26日に、約30名の参加者で実施しました。

宮司さんの挨拶後、草取りの作業、次に竹藪の小径に倒れ掛けている竹を、約10本伐採しました。

家庭用ノコギリで、大きな竹を何回も切り、元気な仲間もヘトヘトで、参道を下りました。

掲載日2018/5/2